重要なデータの管理法

修理する人

日頃パソコンで業務を行っている企業ではパソコンのスペックも重要です。パソコンの処理速度はもちろんですが、それ以上に重要なのはデータ管理です。情報セキュリティにおける3大要件の気密性・完全性・可用性は全ての会社の情報資産を管理するうえでは欠かせないものです。しかし、パソコンは電子的なデータであるためHDDの故障などによって失ってしまう可能性もあります。そういったリスクから回避しつつ、更に速度などスペックを向上する方法としてRAIDというHDDの組み方があります。RAIDとは複数のHDDを同時に稼働させ、それによって速度の向上が見込めるだけでなく、複数台のうちの1つのHDDが故障してしまった場合に別のHDDのデータを呼び出してデータ復旧することも可能です。そのため、通常のHDD1台で稼働させるパソコンよりも更にデータの管理の安全性が増します。HDDが故障し、別のHDDでデータ復旧を行うことをリビルドといい、故障した分のデータを別のHDDによって再構築します。しかし、このリビルドも場合によって失敗しましまうこともあるのです。リビルドの途中にその作業を行っているHDD自体に何らかの不具合が発生してしまうと、データ復旧を行っているそのHDDまで故障してしまい結果としてRAID構成でもデータ復旧が見込めない状態に陥ることもあります。こういったRAID構成の故障も完全にデータ復旧ができないというわけではなく、専門業者への依頼によって完全に復活させることが可能です。パソコンにある全てのデータは絶対的な安全性が保たれているものではないので、予めバックアップをとっておき、万が一故障してしまった場合には専門業者へ依頼して復旧してもらうようにしましょう。

情報漏えいは企業を信頼を失い、大きな損失を生み出します。特にパソコンという電子的にデータを取り扱うものには慎重な対応が必要です。今やパソコンはほとんどの企業において使用されているものであり、またパソコンがなくては業務ができない企業も存在します。それに伴い、万が一の故障によってデータがとんでしまっても元に戻せるように対応してくれる修理専門の業者も多く存在します。しかし、一時的とはいえ会社の重要なデータを預けることになるので信頼できる業者を選ぶようにしましょう。